学童

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

学童とは学童保育の略で、今では「学童クラブ」や「児童クラブ」など、地域によりさまざまな名称があります。
放課後、親が働いている家庭の子供たちの保育を行うのが学童保育です。ここでは、子供たちは家庭で過ごすように過ごします。

学童に来ると、子供たちは「ただいま」と声をかけます。そして宿題をし、おやつを食べ、遊んだり、本を読んだりします。塾や、習い事ももちろん学童から通うことができるのです。また、ここでは学年の違う子供たちが一緒に保育されているため、子供たちは、学校のクラスとはまた違った社会性を身につけることができます。学童では親との連絡も欠かしません。もし子供たちが学童に来ないときは、学童から親へ連絡が入ります。

学童はその多くが、児童館や、学校の敷地内に設置されています。また、近年保育園などでも学童保育を始めているところがあります。年齢制限は学童によりまちまちです。

3年生までというところも多いですし、6年生までOKという学童もあります。また、夏休みや、冬休みの長期休暇にも、朝から夕方まで対応してくれるので、働く親にはとても強い見方となります。

このページの先頭へ