インターナショナルスクール

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

英語教育熱が未だ冷めやらぬ中、日本にいながらにして、子供をバイリンガルに育てたいと思う親の数は増えています。そこで注目されているのがインタナショナルスクールです。

インターナショナルスクールは一般的に在留外国人を対象に教育を行っている学校ですが、今では日本人を受け入れている学校も少なくありません。日本でしっかりとした英語力を身につけられるのです。またスクールで学ぶことで、広い視野を持ち、自主性に富んだ人間性をはぐぐむことが出来るといった意見もあります。

しかし、注意点がいくつかあります。まず、インターナショナルスクールは各種学校扱いです。スクールを卒業しても高校への受験資格や、大学への受験資格は得られません。そのために高校であれば受け入れ可能な私学を探し、大学であれば大検を受ける必要があります。

スクールの中にはわずかですが、卒業をすれば大学受験資格が得られるところもあるようですが、スクールで学ぶ内容と、日本の大学受験の内容とに違いがあるため、いずれにせよ日本の大学を受験することは大変難しいといわれています。

また、学校では国語を勉強することがないので家庭での国語(日本語)の教育が必須となってきます。日本で生まれ育って、英語は読み書きができるが、日本語の読み書きができないのでは本末転倒です。

しかし、わが子にはしっかりとした英語力を身につけ、視野の広い国際人になってほしいと願う親多いでしょう。
日本では数校ではありますが、国際的な教育を行っている学校に与えられる国際バカロレア資格を持った学校があります。こういった学校なら、日本語の教育や、高校、大学受験に悩むことはありません。

子供の進路をしっかり考えたうえで、子供にあった学校を択されることをお勧めします。


このページの先頭へ