学校や塾、その他

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

子供の教育の基本は学校での教育です。学校には国立、公立、私立があり、公立の小学校中学校は受験をせず入学できますが、国立と、私立の学校は受験が必要です。
教育費は一般的に公立が一番安く、次に国立、そして私立の順になります。
国立は学校が近くにない場合は通学費用が必要となり、制服代もかかるため公立よりは割高になるようです。

しかし、今は学校だけが子供の教育の場ではありません。学習塾も子供の教育機関として大きな地位を占めるようになりました。学習塾とは異なりますが、そろばんや、書道、硬筆はもちろん、その他のお稽古事もある意味子供の教育機関といえるでしょう。

また、不登校の生徒などを対象としたフリースクールや、教育支援センターなど学校外施設での教育もその地位を確立しつつあります。
フリースクールに通う小中学生は1992年から、学校での出欠を出席扱いに、2009年からは高校生も校長の判断により出席扱いされるようになりました。

このように子供の教育機関は広がっています。その中で、子供に合った、より良い環境で子供たちを学ばせたいものです。

このページの先頭へ