資格の取得

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

資格取得の勉強を始める前に、その資格が本当に就職に有効かどうか調べておきましょう。資格には国家資格、公的資格、民間資格とがあります。

たとえば、人気の医療事務の資格は民間資格だけでいくつもあり、その認知度や、有効性はいろいろです。

就職に有利に働かない資格をさも重要な資格だと広告する「資格商法」という言葉もあります。自分が取ろうとしている資格はどれだけ就職に有利なのか、事前に調べることをお勧めします。

次に受験資格に制限があるかどうかを確認しましょう。最終学歴や実務経験など、制限を設けている資格も多々あります。資格取得の方法としては、独学、通信講座、通学のいずれかの方法で勉強して資格試験を受け、合格するのが一般的です。

また、中には試験はなく、指定の教育機関で、決まった時間数の講座を終了することで資格がもらえるものもあります。

次に、資格を取るメリットですが、仕事の中には資格がないとその仕事ができないものがたくさんあります。
ですから、資格取得は就職、転職には大変有利だといえます。

また、出産や、子育てなどで一旦職場を離れていた方でも、資格があることで次の再就職の大きな助けとなることは間違いありません。

このページの先頭へ