幼児教室

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

幼児教室とは、就学前の子供を教育する教室です。子供の健やかな成長を助け、幼稚園や保育園から、小学校への移行を円滑にする助けにもなります。

どうして、幼少期の教育が必要なのでしょうか。「三つ子の魂百まで」ということわざがあります。これは、幼い頃の気性や性格は年をとっても変わらないものだという意味です。実際に、幼少期の経験や生活環境は、子供の成長や性格形成に大きく影響するといわれています。

幼少期の生活環境が影響し、10代で非行に走る例もあります。性格や気性は人が生涯を通じて持つものです。子供にはどのような大人になってほしいですか。
責任感のある大人。強い意志を持った大人。暖かで、穏やかな人柄。どれもすばらしいですが、それは本人が努力して得られるものではないのです。

大人が、子供たちをどのような環境で過ごさせてやるかで、子供たちの人間性が決まってしまうと言っても過言ではありません。
人柄や性格は大人が子供に与えることができる最大のプレゼントなのです。

こういった教育はもちろん家庭でもできますが、幼児教室では同年代の多くの子供たちとかかわることによって、共同生活や、他人を尊重する心も学ばせてくれるのです。


このページの先頭へ