職業学校

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

職業学校とは、技術や専門的な知識を学ぶ学校の総称です。大きくは職業訓練校と専修学校に分けられます。

職業訓練校は仕事の技術やノウハウを教える学校で、内容は技術系から事務系まで多岐にわたります。期間も短期のものから長期のものまであり、授業内容や、レベルもさまざまです。申し込みはハローワークでできるようになっています。

受講生の多くは、転職や就職を希望する社会人ですが、学校卒業生を対象としたものもあります。専修学校は、入学資格の違いによって次の3つに分けられます。
一つ目は、中卒者を対象とした「高等課程」、2つ目は高卒以上を対象とした「専門課程」3つ目は入学資格のない 「一般課程」です。

また教育の内容も「工業」「農業」「医療」「衛生」「教育・社会福祉」「商業実務」「服飾・家政」「文化・教養」の8分野があります。
専門課程卒業者は専門士を称することができ教育課程としては、短期大学や、高等専門学校と同程度です。

高等専門学校は、専修学校と名前が似ていますが教育の課程立ちがいます。
高等専門学校は中学卒業程度を入学資格として、5年間の課程で工学・技術系の専門教育を行う学校です。
卒業者は準学士の称号が与えられ、4年制大学へ編入することがでます。


このページの先頭へ